スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様からの声No50 盲腸の手術後のお腹の痛み

《皆様からの声No50 盲腸の手術後のお腹の痛み》



三浦市   A・Sさん  (58歳)  事務


「体が楽にかる~くなっていく」毎回の治療後良くなって行く事を感じています。



左腰骨のあたりが「チクチク」痛み、かかりつけ医の整形外科でレントゲンを撮った結果



「肉離れ」と言われました。



鎮痛剤とシップ薬をもらいましたが、1カ月経っても痛みが取れず



ますます痛みはひどくなり「私の体はどうなってしまうのだろう・・・。」



と思っていた時でした。



宮本先生を紹介して頂き、診て頂きましたところ「肉離れではなく筋肉の凝り」とのこと。



「左右の方、腰骨の高さの差」も指摘されました。



又、盲腸の手術後(43年前)腹筋ができず、右下腹部に癒着があり



疲れると痛みがひどく、鎮痛剤を飲んでいる話をしましたところ「ひどいですね・・・。」



と一言。



(私、先生が右下腹に触れようとした時、思わず先生の手を払いのけてしまいました。



触るだけで痛いのです。スミマセン・・・。)



今は左腰、右下腹のコリは針治療で、肩首のコリはゴットハンドで治して頂き



家では教えて頂いた体操をしています。



今は良くなっている身体を実感している毎日です。



夢のようです。ありがとうございました。



そして、これからもよろしくお願い致します。






《先生からの声》


A・Sさんは数十年前の、盲腸の手術後が痛くて「腹筋ができなくなっている」



状態でしたね。



(毎朝、起きる時も真っ直ぐには起き上がれずに、いったん横向きになってから



 起きるという事でした。)



原因は、傷口の下の部分の結合組織(主に腹膜など)癒着だったのではないかと



思われます。



鍼・灸・スライドマッサージによって、固くこわばってしまった傷跡周りを



柔らかく緩めると、なんと腹筋ができるようになってとても



喜ばれていました。



手術をしてから長い年月が経っても、体にはしっかりその影響が残っているのです。



(あれは、ご自分で何とかしようと思っても難しいです。西洋医学のお医者さんも



 そのような事はおっしゃらないですし。)



治って良かったですね、 A・Sさん本当に!



ではまた治療院でお待ちしております。








スポンサーサイト
プロフィール

snchiryokoe

Author:snchiryokoe
新宿西口治療院への皆様からの声です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。